「イチロー会」通信 VOL.8 (2009.12)

塚田一郎さんの 世代の時代です。 現場を歩き 行動して下さい。
 新しい政権による政治が動き出しまし たが『不安と不信』を国民は感じているの ではないでしょうか。
 介護、医療、教育等も含めて民間でも かなりの部分は行うことができます。しか し、道路を含めた社会資本の整備(日本 は欧米と比較して遅れている)は官公で しかできないのです。今、一番大切なこと は働く場所をつくる事です。失業者が溢 れている事を心配しています。
 これからは塚田一郎さんの世代の時代 です。現場を歩き行動して下さい。期待を しております。
燕市鰹月Y業 取締役会長 大山 治郎さん

国会で堂々と 仕事が出来るよう しっかりサポート していきましょう。
 野党となった自民党・・・ある意味半世紀 にもわたり一党の政権が続いていただけ に今回の結果はいい刺激だったとは思い ますが何か不安でなりません・・・。
 一郎さんは参議院常任委員会・経済 産業委員会をはじめ、参議院議員で2つ の委員会、党内においては国会対策委 員会副委員長をはじめ3つの委員会に所 属しているとの事、自民党や議員同士の 中での信頼の現れであると信じます。
 不安・・・今現在の経済状況、海の向こう の国のわけの分からない動きや対応、一 向に減らない子供を巻き込んだ犯罪や事 件。『うん』、だから必要なんです。野党で あっても一郎さんの力が必要なんです。 そして私達仲間が一郎さんを国会で堂々 と仕事が出来るようしっかりサポートして いきましょう。『がんばろー、おー』
新潟市南区在住 小野 清一郎さん

大学の先輩後輩の 間柄でもあり、 この間特別な思いで 応援してきました。
 一郎先輩には平成14年の国政初挑戦 であります参議院補欠選挙の時からお世 話になっております。大学の先輩後輩の 間柄でもあり、この間特別な思いで応援 してきました。特に当選までの5年間は大 変苦しい時期であったと思いますが見事 乗り越えることが出来たのも、一郎先輩の 政治に対する情熱と故郷を愛する思い、 そして何よりも厳しい状況でも熱心に支 えて下さったご後援者あっての賜物だと 心に深く感じました。
 そんな素晴らしい皆さんに囲まれた塚 田一郎新潟事務所に縁あってこの12月 からお世話になることになりました。微力 ながら一生懸命頑張りますのでご指導の 程を何卒宜しくお願い致します。
上越市柿崎区在住 宮川 大樹さん

「イチロー会」通信 VOL.8へ戻る
イチロー会トップページに戻る