「イチロー会」通信 VOL.2 (2005.12)
   
  素顔のイチローを徹底リポート!


 「私を悩ませたクールビズ」

 小池百合子環境大臣により大成功を収めた省エネ政策、「クールビズ」 これが私の悩みの種でした。 何しろ大学まで体育会剣道部、でかけるときはジャージかジーパン、アナウンサー時代も突撃リポートや現場取材の体力派でしたから、ファッションセンスには自信がないのです。
 涼しげで、カジュアル過ぎず硬すぎず、しかも一郎の良さを引き出すファッション!
妻として私には難問でした。 そこでイチロー会の方たちの意見を聞きながら、色々試してみました。 すると今までイメージカラーと決めていたブルーや紺といった寒色系よりも薄いピンクのシャツやネクタイがやさしく見えると非常に好評でした。 初めは「派手」だとか「恥ずかしい」とか照れていた一郎も、皆さんに褒めていただく内に気に入ってきたようです。
 あっという間に「ウォームビズ」の季節、この冬はクリーム色のシャツや黄色のネクタイにも挑戦してみようかな? どうか皆様、多くの人たちにかわいがって頂ける塚田一郎でありますようご意見を聞かせてください。 妻志保からのお願いです。


「イチロー会」通信 VOL.2へ戻る
イチロー会トップページに戻る