「イチロー会」通信 VOL.2 (2005.12)
 
 
 横田めぐみさんが北朝鮮に拉致されてからついに28年の歳月が過ぎ去りました。 私たちは決してこの日を忘れてはいけません。 横田夫妻とお会いして今後の外務省、政府への働きかけなどについてお話をさせて頂き、改めて全力でお手伝いすることをお約束しました。 さっそく、麻生太郎外務大臣と家族会、救う会の皆さんに面会して頂き、拉致問題の早期解決に最大限のお力添えを頂くようお願いしました。
 国民の生命と財産を守ることは政治の最大の使命です。もう一度この新潟から、国の政治、国際世論を動かしていかなければなりません。私は、問題の早期全面解決に向けてこれからも大きな声を上げて参ります。


 <11月15日、新潟ユニオンプラザ
 「忘れるな拉致11.15県民集会」
  横田夫妻が来県>






<忘れるな拉致11.15県民集会>
<万景峰号入港反対集会>

 
<万景峰号入港反対集会/馬場会長とともに>
 

「イチロー会」通信 VOL.2へ戻る
イチロー会トップページに戻る